おすすめ家電

やきまるとやきまる2.0の違いは?口コミやメリット・デメリットを徹底調査!

おうちで焼肉をするのは楽しいけど、煙や匂いがどうしても気になりますよね。

ホットプレートは大きくて洗うのも大変だし、お店のような強い火力は出ないので焼肉をするには少し物足りないことも。

そんな悩みを解決するのが、家庭で使用できる「スモークレス焼肉グリル」です。

最近は手入れが簡単なものが増えてきて、おうちで焼肉を楽しみたい方に人気なんです。

今回は、そんな「スモークレス焼肉グリル」の中でも人気の機種、「やきまる」についてご紹介します!

この記事では、2016年発売の「やきまる」と、2021年7月に新発売になった「やきまる2」の進化した点について、比較しながらわかりやすく解説しています。

ナギボーイ
ぜひご覧になってみてください!

「やきまる」シリーズの特徴

スモークレス焼肉グリル「やきまる」とは?

カセットコンロのパイオニア企業「岩谷産業」から、2016年に初めて発売されたスモークレス焼肉グリルのブランドです。

2016年発売の「やきまる」と、2021年7月に新発売「やきまる2」の2種類があります。

ホットプレートと違い直火で加熱する方式なのでより強い火力で肉を焼くことができ、煙も出にくい構造になっていて匂いを気にせずに焼肉を楽しむことができる家庭用無煙ロースターです。

 

「やきまる」のメリット

「やきまる」の特徴をメリット・デメリットの両面から詳しく見ていきましょう。

独自の構造で煙が出にくい

バーナーと焼き面の間に適度に熱がこもる特殊な構造によって焼き面を適温に保ち、脂の煙化を防ぎます

 

コンパクトで場所を取らない

30cm×30cmとコンパクトなので、ホットプレートほど場所を取りません。

焼肉メインで楽しみたい方にはホットプレートより使いやすいでしょう。

 

直火で焼けるので美味しい

直火でプレートを熱するので火力が強く、網で焼くのに近い感覚でお肉を美味しく焼くことができます。

直火なので焼き面温度の立ち上がりが早く、お肉がこんがり美味しく焼けます。

「やきまる」のデメリット

焼肉屋と比較すれば、火力は弱い

ホットプレートより火力があるのは間違いありませんが、それでも焼肉屋で焼く時と比較すれば火力は劣ります。

おうちでリーズナブルに焼肉が楽しめることを考えれば、多少は仕方ないかもしれませんね。

口コミでも美味しいという声が多いので、そこまで心配しなくても大丈夫でしょう。

 

多少は臭いが出る

煙が少ないので匂いも当然少ないですが、全く出ないという訳ではありません。

焼肉後の換気やファブリーズ等で消臭をするといいでしょう。

 

旧型「やきまる」と新型「やきまる2」の違いは?

旧型「やきまる」と2021年7月発売の新型「やきまる2」の違いをスペック表で見てみましょう。

やきまる
(2016年8月発売)
やきまる2
(2021年7月発売)
価格(税込) 6,980円 8,580円
本体サイズ(mm) 幅303 × 奥行278 × 高さ149 幅303 × 奥行278 × 高さ149
プレートサイズ 直径233mm 直径233mm
重量 約2.0kg 約2.0kg
カラー ブロンズ&ブラック材質 シルバー&ブラック材質
材質 本体:鋼板(粉体塗装)
プレート:アルミダイカスト(フッ素樹脂加工)
バーナー:耐熱アルミダイカスト
点火せんつまみ:ABS樹脂
本体上部、容器カバー:鋼板(フッ素樹脂加工)
本体:鋼板(粉体塗装)
プレート:アルミダイカスト(フッ素樹脂加工)
バーナー:耐熱アルミダイカスト
点火せんつまみ:ABS樹脂
ガス消費量 約76g/h 約76g/h
連続燃焼時間 約217分 約217分
点火方式 圧電点火方式 圧電点火方式
安全装置 圧力感知安全装置、他 圧力感知安全装置、他
容器着脱方式 マグネット方式 マグネット方式
使用ガス イワタニカセットガス イワタニカセットガス
付属品 取っ手 取っ手
生産国 日本 日本

「やきまる」「やきまる2」の違いは次の3つです。

①本体の基調カラー変更

旧型:やきまる

新型:やきまる2

本体の基調カラーがブロンズからシルバーに変更しました。

 ②本体上部もフッ素加工に変更

「やきまる2」はプレートだけでなく、油の跳ねやすい本体上部もフッ素加工にしたことで、本体のお手入れがより簡単になりました。

③価格は「やきまる2」の方が高い

公式価格では、税込で1,600円新型「やきまる2」の方が高くなっています

まとめ

家庭用スモークレス焼肉グリルから、人気の「やきまる」シリーズを取り上げて紹介しました。

「やきまる」には、初代「やきまる」と「やきまる2」の2種類のラインナップがあり、次のような特徴があります。

  • 煙が出にくい構造で焼肉の臭いが少ない
  • 30cm×30cmのコンパクトサイズで収納もラク
  • 直火でプレートを加熱するので、熱の立ち上がりが早い

「やきまる2」が進化した点は、次の2点です。

  • 本体の基調カラーがブロンズからシルバーに変更になった
  • プレートだけでなく、本体上部もフッ素加工に変更になった

価格は「やきまる2」が1,600円ほど高くなっていますが、手入れが楽になっているのでおすすめです。

ぜひ、購入の際の参考にしてみてください!

あなたにおすすめの記事

-おすすめ家電

© 2021 e情報ネット